パーマの機械なんてーの?

今日は、のんびりですので卓内の
試作品の構想を考えていました。
とりあえず1面だけ。
対面山に対して、自模る場合頭が前に出るので、
扇型にシールドを作るのが理想ですが、
私のイメージでは、椅子に対して
パーマの機械みたいにフェイスシールドを
椅子に対して作ればいいと思っています。
それは明日以降試作で。

新たな出発、たくさんの方に来ていただき
ありがとうございます!

「パーマの機械なんてーの?」への4件のフィードバック

  1. 対局者に、フェイスシールドを追加で装着してもらうのは? 自作するなら、1つあたり¥100以内で作成可能です。難点は、対局者に負担を強いる事、息苦しさが増してしまう、曇りやすくなってしまう等です。はたからみると異様な光景かもしれません。利点は、卓上にクリアシートを張らないことによって、摸打の障害物?が無くなる事、消毒が楽な事です。牌の交換+クリアシートも消毒は大変では?しかし今は、店側の都合で大変とか言ってる場合でもないのかも知れませんね。

  2. さすが現場管理してるだけありますなぁ、新潟で、制作お願いします笑

    お客さんに蚊帳みたいのと言われてイメージしてます

  3. 蚊帳みたいなものですか。色々試行錯誤して良いものが見つかれば何でも構わないんですよね。今後は、夏場に向けてマスク着用による熱中症予防対策も検討しなくてはいけませんね。お店として行う事、お客様にお願いする事、課題は尽きません。楽しい、安心の空間は、皆で創出する物です。大変と思わず 今出来る事、やらないといけない事を粛々と行い、後に、あんな事もあったねーと笑い話?に出来るようになる事を祈っております。私は、何時越境出来るのだろう?麻雀をする際の自分に課している掟って何?忘れそうで、出来無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です