麻雀道と競技者の争点

9月5日「新潟段位認定戦Eight戦(5時間内8半荘)」が
行われました。

平均半荘32分でした。
「速さは力」なのでよかったとおもいます。
局内私語禁止だと、緊迫した対局となり、
速さもアップしていると思います。


茶道では、花を挿し、軸をかざり、
作法をわきまえてお茶を頂きます。
一般でお茶を飲む場合は、作法などなく
自分のペースで茶菓子をたべ、飲めばよい。

競技プロの方々は、それぞれのリーグ戦では
麻雀道をやっています。例えば、リーチ棒を
出すまで次の人はツモ動作に入らない、
副露は発声、晒し、取り、捨てであり、
点棒の支払いが終わるまで機械操作を行わない
などです。

麻雀を競技としての争点は局内で摸打をして
流局まで、アガリが発生するまで、しのぎを
削ることです。リーチ棒が出るかどうかは、
信頼関係がある人同士の場合は、出すことが
わかっていることだから、待つ必要はなく、
点棒の支払いも次の山が出ているときでも、
かまわない話です。

天鳳などネット麻雀が対局が速いのは、
配牌が配られている、ツモ動作がない
点棒が自動的に払われるというところも
あります。(時間制限で勝手にツモ切りがあるのも)

麻雀においてもゼロさん?が私設リーグで
配牌を山17トン出てきて、山を前に出した後、
それぞれの山、右3トン、左3トン(親の場合は、
自山7トンを残して残り10トンの中で)を
とれば、12枚とることが短縮でき、
親の残り4トンで、跳牌をして、各自1枚
持っていけば摸打の争点まで行けます。
(アルティマならそのままでよい)

更に審判がいれば点棒も各自1本のリーチ棒が
あればよく、ホワイトボードに点数を書いておけば
支払時間も短縮でき、平均25分も可能。
(○鬼流は込みで20分以内ですがね。)

麻雀の争点に着目すれば省略してよい
内容が多くありますね。
ただ、私は麻雀道のほうも実は
好きで、実際はサイコロ振って
とる麻雀こそ、麻雀だと思っています。笑

「麻雀道と競技者の争点」への2件のフィードバック

  1. 日本人には「〇〇道」がよく似合う。
     麻雀道、カッコイイですね!
    野球とベースボールに代表されるように、同じ競技ながら似て非なる?!感じがするスポーツって意外と多い気がします。で、やはり日本は「道」というメンタリティが絡みますよね。
     2021の最強戦タイトルホルダー代表決定戦、著名人代表決定戦DVDを見ました。著名人で勝ち上がった鈴木大介棋士は、もう圧倒的な腕力と読みで他を上回っていましたね!タイトルホルダー代表決勝卓での強打&高打点の打ち合いが見ているものとしては面白かった!やっている人は大変ですけど(笑)。それにしても
    現最強位の多井プロ、解説が面白過ぎる!ギリギリのトークは飽きさせませんね。

    1. 14年前、開始当初
      麻雀道を広めようとして、
      むっちゃ客をとばしてしまった苦い経験があり
      麻雀教室と、道場のすみわけを
      徐々にしてきた結果ですね。

      だいちゃん、棋士も強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です