法治国家ゆえ

法によって規制されたものに
従うのは基本ですが、
日本の数々の法律は改正されず
古すぎるものが多いですね。
且つ要請、指示によって、
国民感情による
締め付けという形で法律に
従っていないねっていうのが
ほとんどです。
特措法で、パチンコ屋が指示で
開示されますが晒し首で終わるって
別に営業しても良いですよという
法律なので、欠陥だらけ。

私は昼は、6chを見るのですが、
弁護士先生がパチンコは換金される
脱法ギャンブルいうてますが、
パチンコは賭博ですが、一時の娯楽
に供するものを賭けたにとどまるときは
この限りではない(刑法185)になっている
ので、合法遊戯となってるわけです。
腑に落ちない場合は、やはり法律が
改正されんばならんということです。

風適法においても
固定式麻雀台をおいて
(いつでも撤去できるわけではない)
室内でなんらかの形で
金銭を貰うのであれば
まーじゃん店の許可が必要になります。
ところがとっていないところもある。
主に健康麻雀をやっている店は
カルチャースクールで
やっているからと突っぱねてやる。
風適法の許可を取らない場合、
18歳未満も入って良い施設と
なり、子供に麻雀を教えられる。
取ったところは教えられない。
不思議でしょう?
これは1984年の大幅改正くらいの
ときからくらい、まあ40年前の法律。
当時はコンビニも満喫も24hの店は
ない時代。やはり時代にそぐわない。

ちなみにまーじゃん店の許可を
取るメリットは貸卓営業が出来る事。
とっていないところは
指摘されれば検挙される。

貸卓営業は、別に麻雀やらんでも
時間で卓を貸すというものだから、
台をひいて7ならべやっても
カタンでもなんでもOKなはず。
カタンはそのとき福岡で
教えてもらいました。

ちなみに私のところは
パソコンメンテ、パソコン作業を
やって料金も頂いております。
株式会社アクティブサポートの
定款にこの場でやることが
書いてありますので、ご用命あれば。

古い法律は改正するべき。
人が増えればそれだけ意思が
ぶつかって決まりにくくなるから
議員を減らして、バンバン
改正して貰えないかなぁ。
参院は、無給貴族院のようでも。
無給でもやりたいという人は、
国を変えたい人だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です